<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オンリーに参加します! | main | スパークに参加します! >>
完全にお久しぶりです。

先月の斉Ψオンリーに参加した際はお世話になりありがとうございました。
その後、原稿していたのですが、原稿が終わったら直ぐに旅行が控えていて・・・・
こんなに間が空いてしまいました。

海外旅行の準備はじわじわ大変でした。
チケットとかは取ってもらったので、どう手配するのか結局分からずですが;
タイを満喫して参りました。ありがとうございます!

別世界でした。ニューハーフショーを見ましたっ!!
ホモが増える過程の説明聞きましたが、
人間社会だとどうしても受けはメス化するらしいです。
なんか最近のBLは「男らしい×男らしい」を良く見かけますが、
私が青春時代に本屋を埋め尽くした「猛々しい男×まるで女の子の様な少年」は
元祖として置いてもいいかな?いいとも〜!思いました(※個人の感想です)

お金持ちは旅行、山登り、スポーツをするっぽい
という真理に一歩近づけるかもと期待で参旅しましたが。
きっと現実を数日間に渡って強制忘却する事が出来るからだろうなと感じますた。
脳の休息かもしれない。真理の扉はまだ開けません。


そして、10月7日のスパークで新刊が出ます。
「後悔は俺に・・・ 祈りをお前に」P44/500円です。
宜しくお願いします! ※クリックでサンプル↓


雪男がイルミナティに行ってしまった頃に感じた事を丸々詰めました。
雪男を赦して欲しいし、傷つけないで欲しいです。
しかし、傷ついてる雪男氏美味しいですvでないと漫画描けない。
業が深い・・・;


SQ本誌では神父さん改め、獅郎さん、ユリさんの過去が分かってきて
獅郎さんが雪男と考え方がそっくりだったのは萌えましたが、
人生も中期後半の神父さん的には悪魔と人との共存を教えたかっただろうなと
苦しいです。
まずは「強くなって生き抜く」を優先して教えたんだろうと・・・

本誌読み終わってから1巻1話読み返すと。
なんかじわじわしたものが競り上がってきます。
初期のアーサー初登場の頃は神父さんが聖騎士やったなんてウソやろっ!
思ってしまったですが;
ルシフェル様ご登場からの強すぎて肉体が崩れる設定はパンチくらった気分でした。
1巻で雪男も「サタンの憑依に耐え得る可能性・・・」って説明してるんですよっ!
覚えてたけど、ふーんって読んでしまってました。
神父さんは全てを知った中で防いでいたわけで大変だったろうな!感じました。
そして、サタンに憑依された時もあらゆる祓魔方法の中から
自分の命を絶つ事が一番有効だと瞬時に判断したんだな。
だから神父さんの最後の戦いはあんなにあっけなかったんだ・・・
って思うと悲しくなります。

雪男はそれなりに事情を知っていて、知らない事がある事も知っている訳で
全てを知った時を思うと「ギャー」なります。怖楽しみです。

願わくば最終回間際で
「ギャーからの目覚め、和解、そしてエンディング」にはならいで欲しいです。
「ギャーからの立ち直り、リハビリ、心からの微笑み」の過程をじっくり見たいです。

やはり、雪男が騎士團に戻って来てからのルシフェル対決展開が良いですね!
スポンサーサイト